バリ島でのゴルフの注意事項

バリ島でゴルフを楽しんでいただく際の注意事項です。
基本的には日本と変わりませんが、一部バリ島独特の習慣や注意するべき点がございますので、ご一読下さい。

服装について

バリ島では、ゴルフ場入場時にジャケット等の上着の着用は不要です。
ラウンド中のドレスコードはございますので、ご注意いただけますようよろしくお願いいたします。
 
プレーに際しては、襟付きゴルフシャツ、ゴルフバミューダパンツ、またはズボン、ソフト/ゴムスパイクシューズとソックスをご着用ください。Tシャツ、ジーンズでは、プレーしていただけませんので、ご注意下さい。

気候と日焼け/熱中症対策について

高原にあるバリハンダラゴルフを除き、バリ島では気温が約28-30℃ほどあります。
日差しも大変強く、肌の弱い方は注意が必要です。帽子、サングラスの着用、日焼け止め等の使用をお薦めいたします。
 
また高い気温と強い日差しで、体内の水分も奪われます。ラウンド中は意識的に水分を多めに取ってください。

チップについて

バリ島ではゴルフの際に、キャディへのチップが必要となります。
最低ラインが決まっておりまして、18ホールプレーの場合、バリナショナルゴルフ、ニュークタゴルフでは15万ルピア、それ以外のゴルフ場では10万ルピアとなります。9ホールプレーの場合は、半額が目安です。
プレー終了時にキャディにお渡しいただけますよう、よろしくお願いいたします。

ハーフ休憩について

日本ではハーフ終了後にお食事休憩を取るスタイルが一般的ですが、バリ島では、休憩を取らずに18ホールを回るスループレーが原則となります。お食事はスタート前か、ラウンド終了後に取っていただけますよう、よろしくお願いいたします。ハーフ休憩を取られる場合は、スタート前にあらかじめキャディにその旨、お伝え下さい。